一日のカロリー消費量|美容効果・老化防止の水素サプリメント

一日のカロリー消費

 

ダイエットするためにすることでまず思いつくのが、食べる量を減らす。運動をするではないでしょうか?

 

もちろんその考えは間違っていないのですが、もう一つ大切なことがあります。それはあなた自身の体質を理解するということです。

 

どういうことか詳しく説明します。

 

 

痩せる体質とやせにくい体質

 

テニスで運動

 

二人が同じ運動をしても同じだけカロリーを消費しているわけではありません。

 

分かっているようで意外とこのことに気がついていない人が多いです。ここに考えが及んでいないと、とにかく運動する、とにかく絶食するという方法でしたかダイエットをすることができなくなってしまいます。

 

人によるカロリー消費の差は人によってさまざまなので、ご自身のタイプを判断しなければなりません。

 

まず、カロリーの消費には基礎代謝・生活活動代謝・食事誘導性代謝の3つの種類があります。
基礎代謝とは、呼吸をしたり、脳や内臓を動かすために使用する、人間が生きていくうえで使用するカロリーのことです。
生活活動代謝とは、運動や日常生活に使用するカロリーです。
食事誘導性代謝とは、食べものを消化する時に使用するカロリーのことです。

 

この3つの合計が一日の消費カロリーになります。

 

まずはこの割合について考えていきたいと思います。

 

一般的なカロリー消費の割合

 

基礎代謝:生活活動代謝:食事誘導性代謝=6:3:1

 

一番多いのは基礎代謝の部分なのです。運動をたくさんしても体重が落ちない人は、この基礎代謝でのカロリー消費がうまくいっていない場合があります。

 

このような場合は、運動することはそれほど気にせずに他の部分でこの体質を改善するほうがいいです。
サプリメントでダイエットなんてと思われるかもしれませんが、まずはサプリメントなどで体質を変えることも有効です。
あとは食事に関してですが、まず食事の前にかるくストレッチをして体の血行を良くしておきます。その上で、なるべく硬いかみごたえのあるものを食べるようにしましょう。これは、カロリー燃焼を絶捨てるのと同時に空腹感を紛らわせる効果もあるので一石二鳥でとってもお勧めです。

 

運動しても一つも痩せないとお悩みの方は、まずはご自身の体質を一度見つめ直してみましょう。

 

活性酸素を退治して美肌を手に入れる

 

きれいなお肌は美容の基本です。しかし、お肌はストレスや寝不足、疲れなどが如実に表れてしまう場所でもあります。体の中のホルモンバランスや不調が、肌に影響を及ぼすからです。
水素水は、肌の不調の原因となる炎症性サイトカインという物質をストップさせて炎症を抑える効果があります。
さらに、ストレスなどを感じたとき、また紫外線を浴びたときに生じる悪玉活性酸素に対しても優れた効果を発揮します。
そのため、あらゆる肌トラブルに水素は効果的なのです。
実際に炎症が起こっている場所には直接水素パックをしても良いですし、毎日水素を飲んで体内に取り入れることで体の中からきれいなお肌を作ることができます。