活性酸素が身体に与える影響とは|美容効果・老化防止の水素サプリメント

活性酸素が身体に与える影響とは

 

活性酸素が身体によくないと勘違いしている人がいらっしゃいますが、本来は細菌やウイルスなどから体を守るという非常に重要な役割を果たしているのです。問題が増えすぎることです。

 

人間の体は60兆個のも細胞から成り立っています。
その細胞1つ1つには膜がありますが、その膜には多くの脂質が含まれています。この脂質と過剰な活性酸素が結合することが問題なのです。

 

酸素と結びつくことで過酸化脂質となってしまいます。過酸化脂質とはわかりやすくいうと、台所でこびりついてなかなか落ちない油汚れのような感じのものです。体の60兆個もある細胞を包む膜が、このように過酸化脂質となってしまうことで細胞が正常に機能しなくなってしまうのです。よく体が錆び付くと言いますが、本当に錆びているのです。

 

このように過剰な活性酸素によって体が細胞レベルで錆び付いてしまうのです。それなら過剰に作らなければいいのですが、なかなかそうもいきません。そこで利用したいのが抗酸化物質です。酸素と結合してなかったことにしてくれるのです。

 

そんな抗酸化物質の中で最近注目されているのが水素水です。通常の水よりも水素を多く含むのが特徴の水素水。含まれる水素は余計な酸素と反応し水に中和してくれるのです。

 

これによって体への影響を最小限に抑えることが出来ると言います。普段飲んでいる水の代わりに飲めばいいとその方法も簡単なので、ミネラルウォーター代わりに水素水を飲む人が増えています

 

 

≪≪ 水素水の効果について生活習慣病の予防効果が期待 ≫≫